Photoshop

【photoshop】別の画像を貼り付ける!画像の合成方法を初心者向けに徹底解説!

photoshopの画像の合成

 

「画像の合成」とは、複数の画像やその一部を組み合わせて一つの画像を作ることです。

 

画像の合成方法には様々なものがありますが、今回は切り抜いた画像を別の画像に合成する方法について解説します。

とは言え、画像の合成は「対象物の形状」によって手順が異なるんだ

 

この記事では

対象物の形状に合わせた画像の合成方法を、以下の3作品を作成しながら解説します。

「丸み」がある場合

photoshopの丸みのある面への画像を合成

「角度」がある場合

photoshopの角度のある面への画像を合成

「複雑」な形状の場合

photoshopの複雑な面への画像の合成

 

「画像の切り抜き」方法についてはコチラの記事を参考にしてね!
丸みのある物体への合成角度のある物体への合成複雑な形状へ合成

  📖目次に戻る

「丸み」のある物体へ合成

イラストやロゴをコップなどの丸みのある形状の画像に合成する方法について解説します。

photoshopの丸みのある画像への合成の完成図

 

step
1
画像を配置する

コップの画像とロゴの画像をphotoshopで開き、ロゴの画像をコップの画像の上にコピー&ペーストします。

レイヤーの状態

「丸み」のある画像への合成_ステップ1

配置後は「移動ツール」でだいたいの位置や大きさを調整しよう

 

step
2
編集モード(ワープ)に切替える

ロゴを選択した状態で、画面上部の❶編集メニュー → ❷「変形」 → ❸「ワープ」の順で選択します。

 

さらに、画面上部の❹「オプション」バーの「ワープ」→「アーチ」を選択します。

 

step
3
ロゴの形を調整する

編集モードに切替えると出てくる「□」をドラッグしてコップの丸みに合わせます。

細かく指定したい場合は、オプションバーの数値を入力して調整して下さい。

 

step
4
ロゴの背景を削除する

ロゴの背景の白を、レイヤーパネルの❶「描画」モード → ❷乗算 を選択し削除します。

※ロゴの切り抜きが終わって背景が透過している場合、この作業は不要です。

 

背景の白は、角度の調整の「あたり」になるから、あえて最後まで消さずに作業したりするよ

  📖目次に戻る

「角度」のある物体へ合成

写真などの画像を角度のある面に合成する方法について解説します。

photoshopの角度のある画像への合成の完成図

 

step
1
画像を配置する

風景の画像とテレビの画像をphotoshopで開き、風景の画像をテレビの画像の上にコピー&ペーストします。

レイヤーの状態

 

step
2
編集モード(多方向に伸縮)に切替える

ロゴを選択した状態で、画面上部の❶編集メニュー → ❷「変形」 → ❸「多方向に伸縮」の順で選択します。

ロゴを変形させるために、「編集」メニュー → 「変形」 → 「多方向に変形」を選択。

 

step
3
画像の形を調整する

編集モードに切替えると出てくる「□」をドラッグしてテレビの内側に収まるように変形させます。

 

 

step
4
仕上げ作業

最後に、配置した画像とテレビを覆うように光沢をつけることで、より自然な合成に仕上がります。

 

今回は任意の箇所を(「多角形選択」ツールで)選択し、不透明度を下げた白のグラデーションを追加しました。

最後の仕上げ作業は好みで行ってね

  📖目次に戻る

「複雑」な形状へ合成

イラストやロゴを布などの複雑な形状の画像に合成する方法について解説します。

photoshopの複雑な形状の画像への合成の完成図

 

step
1
画像を配置する

ロゴの画像と布の画像をphotoshopで開き、ロゴの画像を布の画像の上にコピー&ペーストします。

 

step
2
ロゴの色をなじませる

ロゴの色を布になじませます。

ロゴを選択した状態で、レイヤーパネルの❶「描画」モード → ❷オーバーレイ を選択します。

 

 

step
3
ロゴの形をなじませる

ロゴを選択した状態で、画面上部の❶フィルター → ❷「変形」 → ❸「置き換え」の順で選択します。

 

置き換えウィンドウが出たら、水平比率と垂直比率を入力し、「同一サイズに拡大/縮小」「端のピクセルを繰り返して埋める」にチェックを入れます。

 

「OK」をクリックすると、ファイルの選択画面が出るので今の作業ファイルを選択します。

置き換えウィンドウの数値は、変更結果を確認しながら調整してね

 

step
4
仕上げ作業

色が若干薄いので、ロゴのレイヤーをコピー&ペーストして重ねた後、「不透明度」や「塗り」を調整します。

最後に、画面上部の「レイヤー」→ 「新規調整レイヤー」 → 「明るさ・コントラスト」で全体の明るさを調整して完成です。

 

この記事で学んだテクニックを使って、色々なものを合成してみてね

  📖目次に戻る

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は別の画像を貼り付けることを目的とした「画像の合成」方法について解説しました。

photoshopについてもっと詳しく学習したい方は、下の記事一覧から他の記事もご覧下さい。

photoshop

画像の「切り抜き」や「合成」など、よく使うテクニックを解説しているよ!!  

続きを見る

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-Photoshop